• 私たち篠宮工務店は、快適な住環境を実現できる「ソーラーサーキットの家」の契約工務店としても、お客様にご満足いただける家づくりをご提案しております。それは高気密高断熱であり、そして空気の流れを積極的に取り入れた、言うなれば、いかなる季節でもぐっすり眠れる家、そんな家です。

  • 私たちが住む日本列島は、四季の気温差に加え、多雨多湿。家づくりには、たいへん厳しい環境です。そのような中で快適な住みごこちを確保するには、暑さにも寒さにも湿気にも強い家が求められます。

    夏に快適に過ごせる家を造ると冬非常に寒くなり、逆に冬に暖かい家を造ると夏に熱がこもる暑い家になってしまいます。ソーラーサーキットの家はこれらの相反する問題を「外断熱」と「二重通気」という仕組みで解決しています。

    冬は家中をすっぽり包む外断熱と、高い気密性で熱を逃がさずに保温、夏は断熱材の内側と外側の二重の通気層から熱を積極的に逃がし建物を冷ますことで、冬も夏も季節を問わずいつでも快適な住みごこちを実現しました。

  • 外断熱は、基礎から壁、屋根の上まで、断熱材ですっぽりと覆うことで、家全体を断熱する工法です。断熱材が連続し気密性も高いため、家全体があたためられ、家中居室だけでなく小屋裏や床下までリビングのあたたかさで包まれる、といったイメージです。また、室内や壁内の温度差が少ないため、躯体劣化の原因となる結露が発生しにくく、家の長寿命化につながります。

  • 基礎コンクリートは熱を保持する能力に優れています。基礎コンクリートを外断熱すると、外気の影響を受けずに基礎コンクリートに熱をためることができるため床下温度が安定。地面の温度は一年を通して変化が少ないため、夏は木陰のようなすずしい床下、冬は床断熱の要らないあたたかな床下になります。

  • 二重通気の特長は、室温の調節に自然の力をうまく利用するところ。家にこもる熱や湿気を、自然の気流が外へ逃がしてくれます。また、二重通気のない一般的な外断熱の家に比べ空調設備に頼ることが少なくなるぶん、体にやさしくエアコンの風で目が覚めるなどといったことが少なくなり、ぐっすり眠れます。もちろん、冷房費のコスト節約にも貢献します。