• 家を建てることは、多くの人にとって一生の間に1回あるかどうかになるでしょう。それだけに施工する業者は慎重に選びたいものです。
    業者選びのポイント、それは、どれだけその業者が建築に関し、熱意をもっているかということ。言い換えれば、どれだけこだわっているかということです。
    しのみやのこだわりを感じてください。

  • 造る人で建物が決まります

    建築業の体質として、人が物を造るのであって、機械やコンピューターが作るものではありません。
    それらはあくまでも道具にしか過ぎません。

    逆に言えば、造る人で建物が決まります。

    現代は、ローコストが最優先され、施主は特別にこだわりを持たない限り、他の人より安く出来れば良い買い物をしたと思ってしまいがちです。確かに、予算内で希望の土地建物が出来ればベストに違いありません。でも、果たしてそれだけで良いのでしょうか。

  • その1

    建材メーカーの建材を使い、セレクトする建築はどこで施工してもそれほど変わりはないが、建築にこだわりを持っている業者とそうでない業者では、えらい違いがあります。
    木の材質へのこだわり、環境(エコ)へのこだわり、材質の無垢製品を体に良いとか人に優しいとかのキャッチフレーズを使うが、使い方を間違えれば問題が起こる。
    木の材質等、使う場所を十分わかっている人が使えばよいが、基本的なことがわからず使っているものもあるように思われる。
    先人の職人たちは、無垢の柱、鴨居、敷居、縁甲板等の仕上げなど、先輩の職人を見ているうちに自然に使いこなすようになっていました。修行によって技術を身につけていくには良き時代でもありました。

  • その2

    今は「ものづくり」という言葉の響きは良いものの、現実には、それほどこだわりを持っていないように思います。長年修行して身につけた技術も現代では、なかなか発揮できないのではないでしょうか。
    伝統的な仕口・小屋組等については、見て美しいもの、芸術的なものはこれからはめったに見られなくなるでしょう。
    なぜなら、それらの建築物件そのものが少なく、施主も設計者も、美を追い求めていないように思うからです。
    施主が設計者に対して芸術的なものを求めたとき、自分の設計を十分に理解し、表現できる業者を思いつくことが出来るのか、また、その業者は何人の職人を手配できるのでしょうか。
    そう考えたとき、時代は深刻であるように思います。

  • 草加の伝統文化を大切に

    若い人材が育ちにくい時代ではありますが、私たちは建築家を育て、後世に残せる建築を生む草加の伝統文化が末永く継承されるように、と思いながら、日々の業務を丁寧に、そして誠実に取り組んでいます。